本文へ移動

空家事例 ― 行政と連携。空き家バンクも

行政と連携し空き家バンクを利用。売却手続きまで
 
過疎地のご実家を残されてその処分に困った相続人の一人が当社へのご相談頂きました。
 
相続人は2人。
すぐに相続の話がまとまったものの、残された不動産は過疎地の古家。
売却するにも賃貸するにも過疎地過ぎてまず人がいません。
 
このケースでは行政の「空き家バンク」を有効利用し買い手・借り手を募集。
ただし、個人間での不動産売買にはトラブルがつきもの。
当社ではコンサルティング料として、数万円のみ頂き、ご売却までの全サポートを行いました。
時間はかかりましたがうまく買い手が見つかり、負の財産が解消されました。
不動産は持っているだけで固定資産税や修繕費、草刈りなど維持費がかかるもの。
処分したいのに処分出来ない負の財産が近年増加し、社会問題にもなっております。
弊社で仙台市認定空き家相談員の代表をはじめ積極的に行政と連携し、空きや問題の解決に取り組んでおります。
 
相談料金は一切かかりません。
 
ちなみに、相続登記の費用は約5万円でした。(司法書士への報酬も含みますが、弊社であっせん料等は一切受け取りません)
 

交渉し一部残置物を引き受けてくれる事に

残置物の処理も弊社で承ります。

100㎡を超えるおうちにはモノがたくさん!

空き家の草刈り等もお承ります。

設備は古く、その修繕にも費用がかかります。

空き家バンクの利用は無料です。

過疎地で処分に困ったけれど、その不動産価値が限りなく低いため通常のルートでは販売が出来ない物件が多くあります。
そんなか藁にもすがる気持ちで空き家バンクに登録されている方の多いですが、行政が手伝いをしてくれるのはマッチングまでで、実際の売買契約等についてや、諸条件、金額についてのアドバイスは行いません。
一般の方が個人間で不動産を売買するのはリスクがありすぎます。
 
是非 総合不動産ランドプロデュースの空き家無料相談をご活用下さい。
お電話お待ちしております。

空き家・不動産相続の相談会について

毎週土曜日・日曜日に開催しておりますが、事前予約が必要です。平日ご希望の場合はご相談下さい。

相談会の場所
電話 FAX
住所:980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉2丁目1番27号 陽和ビル3階
電話番号:022-214-1077 FAX番号:022-214-1079
※ご来社の際は、事前のご予約が必要です。上記の電話までお気軽にご希望の日時をお知らせください。

交通アクセス

アクセス:地下鉄 北四番丁駅 徒歩約5分 お車でのご来社が便利です。無料駐車場5台分あります。
お気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同心よりお待ちいたしております。
 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 022-214-1077
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る