購入のながれ

「資金計画」や「現地見学」「売買契約」など、お住まい購入時の流れとポイントをご説明いたします。

1.購入の相談

お客様のご希望条件、住みかえにかかわる税金・法律のことなど、なんでもご相談ください。また、ご希望地域の相場や住みかえ条件の整理の仕方なども営業担当がわかりやすく適切なアドバイスをいたします。

住まい探しのはじめの一歩。ご希望条件をお聞かせください。

まずは、ご希望の物件種別、エリア、広さや間取り、ご予算などできるだけ詳しくお聞かせください。それらをもとに、物件をお探しいたします。

買替えをご検討中という方もお気軽にご相談ください。

税務相談や法律相談など、個別相談もお受けいたします。

2.資金計画

いくらくらいの物件が購入できるか?どれくらいの住宅ローンが組めるか?その場合の返済額は?諸費用は?
など、お客様の自己資金やローンの借入可能額などを把握し、資金計画をきっちり立てます。

返済可能金額にあわせた、無理のない返済プランをご提案します。

住宅ローンには固定金利・変動金利、利率、返済期間など、多種多様なタイプがあります。
お客様のライフスタイルや可能な返済金額などをご相談しながら、各種住宅ローンの中から借り入れ先を選択。ご希望に添ったプランをご提案いたします。

減税制度についてもご相談ください。

住宅ローン控除や住宅取得資金贈与など、居住用不動産については購入時期や条件によって、さまざまな減税制度を受けられる場合があります。詳細は担当者までご相談ください。

3.物件を探す

できるだけ多くの情報を集めることが重要です。営業担当からの物件紹介はもちろん、お客様ご自身で物件を探すためのさまざまな機能をご提供して、ご希望条件にあった最新情報収集のお手伝いをいたします。

物件見学をする。

お客様のご希望条件をきちんと把握した営業担当が、ご希望条件に基づいて物件をご紹介します。その中で、気になった物件、情報だけではわからない物件の状態や周辺の環境を知るためにどんどん見学に行きましょう。

4.不動産売買契約の締結をする

お客様が安心して納得のいく売買契約を締結するために、事前に買主様と売主様の条件調整や物件の調査をおこないます。その上で契約関係書類を作成し、ご契約を締結していただきます。

不動産購入申込書を提出する。

ご購入する物件価格、代金の支払い方法、住宅ローン利用の有無や希望する引渡し時期などを不動産購入申込書(交渉依頼書)に記入し、署名・捺印します。営業担当はその内容に基づき、契約条件を売主様と交渉・調整していきます。あわせて物件の調査をおこない、契約関係書類を作成します。

ローン事前審査を行う。

安心してご契約に臨むために、住宅ローンの事前確認をしましょう。
お客様が住宅ローンをご利用の場合、契約前にご希望の条件による融資が可能かどうかを金融機関に確認することをおすすめしています。

重要事項説明を受ける。

重要事項説明とは、売買契約の締結に先立って、物件にかかわる文字通り重要な事項を説明するものです。
登記簿に記載されている権利関係、将来建て替え時の法的制限、敷地と道路の関係、万が一の契約解除の場合の規定などが記載されています。宅地建物取引士の資格を持つ営業担当が「重要事項説明書」でご説明いたしますので、ご不明な点は遠慮なくご質問いただき、十分ご理解いただいた上でご署名・ご捺印ください。

売買契約の締結をする。

買主様と売主様の合意のもとに売買契約書を作成して、不動産売買契約を締結します。
売買契約締結の席上では、取引の内容や当事者の権利・義務等が記載されている「不動産売買契約書」に基づいて、最終的な契約内容の確認をおこないます。また、売買契約締結における売買物件の状況や売買物件に含まれる設備について、「物件状況等報告書」や「設備表」をもって売主様から説明していただきます。買主様と売主様が署名・捺印し、買主様が手付金をお支払いすることで契約が正式に成立します。

不動産売買契約時、必要なもの

1. 印鑑(ローンご利用の場合は実印)

2. 手付金(現金か預金小切手か事前に確認を)
3. 印紙代(売買金額によって異なります)
4. 仲介手数料の半金
5. 運転免許証など(ご本人と確認できるもの)

・ご本人(共有者含む)が契約に出席できない場合、ご本人の委任状と印鑑証明書が必要となります。
・ローンご利用の場合は、別途ローン申込書類等も必要となります。

お客様のそれぞれのご契約内容に合わせて、担当よりご案内いたします

5.残代金のお支払いと物件の引渡し

残金決済時には諸費用や住民票などの書類が必要になります。事前に準備しておきましょう。当日は営業担当が立ち会い、最後まで責任をもってお手伝いいたします。

物件の確認

入居した後のトラブルを防止するために、売主・買主双方で物件の状況確認を行います。
備品等の状況 設備等の状況 隣地境界線の確認 などがあります。
新築物件の場合は、内覧会にて建物の内部を確認していただきます。

残金決済の準備をする。

残金決済に際してお支払い金額の明細や必要書類について営業担当より事前にお知らせいたします。内容をご確認の上、ご不明な点がありましたら、営業担当にお申し付けください。

登記手続きは司法書士が責任をもって代行いたします。

残金決済時に司法書士がお客様から必要書類をお預かりし、所有権移転など各種登記の申請書を作成して法務局に提出します。後日、登記済関係書類を司法書士から受け取られましたら、紛失や破損がないよう十分注意して保管してください。

残金決済時、必要なもの

1. 残代金
2. 仲介手数料の残額
3. 固定資産税、都市計画税、管理費等の清算金
4. 登記費用(登録免許税、司法書士への報酬)
5. 印鑑(実印)
6. 印鑑証明書(抵当権設定時のみ)
7. 住民票(所有権移転登記用)※法人の場合は資格証明書
8. 本人確認書類

上記以外にも必要なになる場合があります。
お客様それぞれの契約内容に合わせて担当よりご案内いたします。

残代金を支払う。鍵の引き渡し

残代金の支払いと同時に鍵の引渡しとなります。仲介手数料の残額を支払う諸費用(登記費用・固定資産税の精算金など)を支払う所有権移転登記申請をする抵当権設定登記申請をする鍵の引渡しを受けます。


  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

    

  • 説明画像

    ▲不動産管理委託について▲

  • 説明画像

    ▲管理物件お住いの皆様へ▲

  • 説明画像

    ▲新居探し売却の相談など▲
    お気軽にトークしてください